読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーストクラスも“夢”じゃない!!~ANASFC会員のマイル呟きブログ~

ANASFC会員がマイルを貯める方法を紹介しながら、特典航空券でファーストクラスを目指すブログです。オススメ旅行についても語ります。

Uberを利用しセレブ気分で羽田空港へ-ラスベガス&ロサンゼルス夏旅1-

ラスベガス&ロサンゼルス5泊7日旅行記のスタートです‼︎出発地である羽田空港までは、最近普及してきたUber(呼び方はウーバー)という送迎サービスを利用して快適に羽田空港へ向かうことにしました‼︎

f:id:yumenofirst:20160807100047p:plain

 Uberの使い方からメリット・デメリットについて紹介していきます!!

Uber(ウーバー)とは

f:id:yumenofirst:20160730180936p:plain

そもそもUberとはどんなサービスなのか⁈という疑問を抱く方も多いと思います。Uberとは簡単に言えば、スマホで送迎車を呼び目的地まで運んでくれるサービスです。

 

アメリカ発祥のサービスで、海外ではかなり普及しています‼︎日本ではまだ東京しか使えませんが、黒塗りのハイヤーが来て丁寧な接客をしてくれふため、かなりセレブ感を味わいながら目的地まで運んでくれます。

 

タクシーとの違い

タクシーとの大きな違いは以下の4点です。

 

(1)スマホで配車を依頼する

 タクシーは電話で呼ぶ事が基本ですが、Uberスマホで呼ぶ事が基本です。

(2)車のタイプを選べる

 タクシーの場合大型タクシーを選択して選ばなければいけませんが、ハイヤー(4人まで)バン(6人まで)と車種を簡単に選べます。

(3)クレジットカード払い

 現金の支払いではなくクレジットカード払いが基本です。

(4)目的地を伝える必要がない

 予め目的地をセットするため、目的地を伝える必要がありません。海外の場合だと説明する手間が省けますね。

 

気になる料金

Uberとタクシーではどの程度違いがあるのか料金体系を確認してみます。

Uberの運賃

料金は、距離と時間に応じて計算されます。

初乗り運賃:103円

距離   :308円/km

時間   :67円/分

 

タクシーの運賃

初乗り運賃:2000mまで730円

加算運賃 :以後280mごとに90円(321円/km)

時間距離併用制運賃: 1分45秒ごとに90円加算

基本的には距離計算ですが、渋滞などで走行速度が10km以下になった場合の走行時間も考慮される追加運賃

 

Uberとタクシーの運賃制度の違いから一概には比較できませんが、Uberの方が少し高いと言えそうです。しかしそこまで大きく違いが出る訳ではなさそうです。Uberのメリットを考慮するとむしろUberの方が良いのではないかと私個人は感じています。

 

さて、そのUberメリットとデメリットを見て行きましょう!!

 

メリット・デメリット

  

Uberのメリット

・快適

高級車が配車されることもありタクシーより快適に乗車することが出来ます。乗車する車によってはお水も用意されており、無料で飲む事もできます。

 

・サービス◎

降車後、ドライバーへ評価をすることになっています。ドライバーは評価が悪くならないように精一杯サービスをするため、とてもいいサービスを受けることが出来ます。

 

・支払い明瞭

f:id:yumenofirst:20160730183215p:plain

呼ぶ前に目安の金額範囲が表示され大体その範囲で収まります。支払いは全て事前登録しているクレジットカードで決済されるため現金は不要です。またUberはチップ不要のためチップ計算で困ることもありません。

 

・どこでも呼べる

f:id:yumenofirst:20160730183204p:plain

日本ではまだ発達段階のため東京でしか呼べませんが、世界中の観光地で利用することができます。アメリカにはそこらじゅうにUberがいました。

 

・遠回りされない

ドライバーは車に付けられたタブレットを利用し最短最適ルートを走っています。また、走行履歴をアプリで参照出来るため遠回りをされる可能性は低いです。また、ドライバーは乗客から乗車後に5段階評価(☆1〜5)され評価が低いとドライバー資格が剥奪されてしまう可能性があります。評価が低いとUberからの営業資格の剥奪が検討されてしまう為、評価が悪くならないようドライバーはサービスや接客をかなり丁寧にするシステムです!

 

・5〜6人の移動に最適

f:id:yumenofirst:20160806225801p:plain

乗車可能人数

 ハイヤー  :4人まで

 ブラックVAN:6人まで

ブラックVANで配車依頼をすれば「アルファード」クラスの車が配車されます。5〜6人で移動する場合、2台に分かれずに同じ車で移動する事が可能です。1台で済ませることが出来ればその分費用も半分に済みますし、移動も楽に済みます。

 

デメリット

・呼びたいタイミングで車がいない

東京でも場所によっては車が全然いない場所もあります。まだまたUberは発展途上のため、これからの発展を期待しています。また予約が出来ないこともデメリットです。(普及しているアメリカでは登録ドライバーが多く予約していなくてもすぐに配車されます)

 

・ピーク時間は多少高くなる

ピーク時や混雑時は通常料金に×1.2~2.0の料金となることもあります。但し、配車前の見積り段階で把握出来るためトラブルになる事はありません。

 

利用方法

Uberの呼び方はとても簡単です。スマホで現在地と行き先をセットするだけで呼ぶ事が出来ます。アメリカ旅行の前に予習として利用方法を確認する意図で、利用してみることにしました。

 

現在地・行き先をセット

f:id:yumenofirst:20170519195028p:plain

(1)配車場所・行き先に「住所or施設名」を入力します。

 

配車場所を指定

f:id:yumenofirst:20170519195156p:plain

(2)配車場所を設定する場合は「ピン」の場所で指定します。

 

情報を確認→配車依頼

f:id:yumenofirst:20170519195254p:plain

(3)配車場所へのUberが到着するまでの時間を確認します。

(4)車種を選択し。車ボタンをタッチして見積金額を確認する。

この画面の場合は予定運賃が¥1,438~¥1,885であることが確認できます。あくまでも目安ですが、渋滞等がなければ大体この金額で収まります。

(5)配車時間指定をする場合は右下の時計マークを選択。

(6)配車依頼

配車場所・行き先・見積もり料金に問題がなければ「ハイヤーを依頼する」をタッチして、あとは待つだけです。

 

Uberの所在地と到着時間を確認

f:id:yumenofirst:20160807100240p:plain

配車依頼後、Uberの現在地と配車場所までの到着時間をリアルタイムで確認することが出来ます。実際に配車される車種とナンバー、ドライバーの顔写真・名前・評価が表示されます。

 

またドライバーと連絡取りたい場合「連絡する」をタッチすれば電話することも出来ます。

f:id:yumenofirst:20160806082000p:plain

Uberはもうすぐそこまで来ています。多少のタイムラグはありますが、車種・ナンバー・走っている道が分かるため、どの車か分からないということはありません。

 

到着後、ドライバーから連絡が入ります。車を見つけた場合は連絡が入る前にこちらから行けば気づいてくれます。

乗車!!

f:id:yumenofirst:20160806082246p:plain

今回は一般車(ハイヤー)を配車依頼しましたが、一つ大きいクラス(ブラックVAN)が配車されました。

f:id:yumenofirst:20160806082257p:plain

スーツを着たドライバーが今回の運転手です。送迎運転手を雇っているような気分になり、なんだか落ちつきません。高級感MAXです。車内は冷房が聞いていてとても快適でした。タクシーよりも座席が気持ちよく、運転も丁寧のためストレスフリーです。また、ドライバーがipadとナビを駆使して目的地までの最短ルートで向かってくれます。

 

到着後評価をして完了!

f:id:yumenofirst:20160806082226p:plain

到着後、支払いは事前に登録してあるクレジットカードで自動的に決済されるため現金を用意する必要はありません。到着したらドライバーが扉を開けてくれます。支払いをせずに降車できるためスマートに降車できます。到着後その場で支払いをしないと、悪いことをしている感があります(庶民発言・・・)

 

以上が使い方です!!初めて利用した時はクーポン(記事下に貼ってあります)を利用したため2,000円オフとなったため実際に支払ったのは¥311です。クーポンは自動的に適用される仕組みになっていました。クーポンも使えて安いし快適だし、また利用したくなります。

(2017年5月現在:紹介クーポン割引は1,500円になっています)

 

自宅〜羽田空港までUberを利用してみた

さて、Uberの事前知識はこの辺にしておきまして実際に旅行記に移行したいと思います。自宅から出発地である羽田空港国際線ターミナルまで利用しました!!

 

配車依頼をしたいが近くにいない

羽田空港の出発時刻は0:05のため、仕事を終えて定時ダッシュで帰宅(19:00)。前日に荷物は完璧にまとめていたため、着替えて出発するだけです。シャワーはラウンジで浴びるとして早速Uberアプリを開いて配車依頼をしようとしたが・・・・・「ご利用可能な車がありません」との表示。

 

ここでUberのデメリット(呼びたい時に近くにいない時がある)が出てしまいました。15分ほど荷物の最終チェックをしながら様子を見ましたが諦めて電車で向かうことに。

 

東京駅や新宿駅周辺には沢山車がいますが、自宅付近だと数台しかいない傾向がありましたので、電車で向かうことは覚悟していました。Uberを使って最高の気分で出国しようという考えは甘かったようです。

 

諦めて電車に乗った瞬間・・・

さて、Uberは諦めて最寄駅に向けて出発(19:20)。スーツケースを転がしている途中もUberアプリをチェックしていましたが、「ご利用可能な車がありません」との表示が続くばかり(諦めきれなかったんです)。そして電車に乗った瞬間「配車 12分」との表示。

 

ラッキー!電車の扉がしまった10秒後「配車依頼」をタッチしました。(どうしてもUber羽田空港まで行きたかったんです)

 

隣の駅は「ご利用可能な車がありません」という表示であったため、最寄駅まで戻ることに。

 

ハイヤーで快適に旅のスタート! 

f:id:yumenofirst:20160806234959p:plain

今回はトヨタクラウンロイヤルが配車されました。(19:30)

トランクには65Lのスーツケース2つが余裕で入りました。

f:id:yumenofirst:20160806092423p:plain

最寄駅までわざわざ戻りいざ乗車。社内は冷房が効き快適な空間でした。トヨタクラウン最高です。今回もスーツを着たドライバーで、羽田空港国際線ターミナルまでの道の指定を聞かれ「最短ルートで」と依頼。

f:id:yumenofirst:20160806094517p:plain

電車を使うと1時間ほどかかりますが、35分で到着することが出来ました。多少渋滞していたため料金は4,000円OFFクーポンを利用して7,024円が3,024円に。経路のログも残るため、ドライバーは変に遠回り出来ません。

f:id:yumenofirst:20160806094304p:plain

羽田空港国際線ターミナルへ快適に到着‼︎‼︎(20:05)

 

利用後の感想

到着後、ドライバーが扉を開けてくれて、荷物を丁寧に渡してくれました。本当に接客が丁寧でタクシーよりも気持ちよく乗車をする事ができました!タクシーより多少高くても利用する価値があると思います。快適だし気分良く乗車が出来ます。やっぱり旅を気持ちよくスタートすることはとても大事だなと感じる体験でした!!

 

さらにクーポンを利用すれば初回は1,500円OFFで乗車できる威力は大きいです。1,500円以内の区間であれば無料ですからね。是非皆さんも体験してみてください。

 

使用可能都市

日本はまだ東京しか使えませんが、海外では普及していて台数も沢山います!!

使用可能都市一例を実際のUber画面を見ながらイメージをお伝えします!!

 

ハワイ(ホノルル)

f:id:yumenofirst:20160807102412p:plain

ハワイにも色んなところに沢山Uberがいます。モアナサーフライダーからアラモアナセンターまでの見積もりを見てみましたが$6〜$8という料金です。トロリーで遠回りして行くより、Uberを利用してスイスイ行くのもオススメです。

 

ロサンゼルス

f:id:yumenofirst:20160807103054p:plain

ロサンゼルス空港(LAX)で検索してみましたが、沢山のUberが待機しています。空港からサンタモニカ・ピアまでは$21〜28の見積もりです。

 

台北

f:id:yumenofirst:20160806232734p:plain

台湾にも沢山います。言葉が通じにくい場所ではUberは便利ですね! 

 

ローマ

f:id:yumenofirst:20160806232746p:plain

イタリアローマにもいます!ヨーロッパでも使えるんですね!

 

バンコク

f:id:yumenofirst:20160806232750p:plain

バンコクにも車が沢山います。 

 

その他の世界各都市で利用することが可能です。日本でも早く東京以外でも使えるよう普及してほしいです!!海外旅行でも一度試してみてください!

 

登録方法(クーポン付)

f:id:yumenofirst:20160807100023p:plain

URLから登録手続き

https://www.uber.com/invite/7me4qgfkue

f:id:yumenofirst:20170519175930p:plain

こちらのリンクもしくはQRコードから登録すると初回無料クーポン「1500円分」が適用されます。誰でも初回1500円割引となるため試しに使ってみて下さい‼︎

f:id:yumenofirst:20160807094528p:plain

(2017年5月現在:紹介クーポン割引は1,500円になっています)

必要情報を入力

(1)メールアドレス:登録するメールアドレス

(2)パスワード:ログインする際に必要なパスワード

(3)名前:登録する自身の名前

(4)携帯電話番号:携帯電話番号を入力

 090-1111-2222の場合+81(90)1111-2222と入力します。

 +81とは日本の国際電話番号の頭番号です。

(5)言語:日本語

(6)クレジットカード情報:料金決済をするカード番号

(7)自宅の郵便番号:自宅の郵便番号

(8)プロモーションコード:7me4qgfkue

(このコードを入力すると初回1500円割引クーポンが付いています)

(9)Uberアプリをダウンロード

(10)登録したIDとパスワードでログイン

 

利用したいなと思った方は是非登録してみてください。

https://www.uber.com/invite/7me4qgfkue

f:id:yumenofirst:20170519175930p:plain

Uberを使って最高の旅を!!

 

 

ラスベガス&ロサンゼルス夏旅2へ↓↓

 

関連記事

 海外でUberを利用したときの記事↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

広告を非表示にする