ファーストクラスも“夢”じゃない!!~ANASFC会員のマイル呟きブログ~

ANASFC会員がマイルを貯める方法を紹介しながら、特典航空券でファーストクラスを目指すブログです。オススメ旅行についても語ります。

【旅行者必見】空港ラウンジって何?誰が入れるの?空港ラウンジを徹底解説!

「ラウンジ」

 
それはまさに旅の高揚感を最高に高めてくれる癒しの空間
 
空港に早めに到着したものの、飛行機の出発時間まで搭乗口前の椅子で暇つぶしという事を経験した方も多いのではないでしょうか。ラウンジに入って時間潰し出来たら良いけど「ビジネスクラスの人や金持ちしか入れないでしょ」とお思いの方も多いかもしれません。しかし、意外とラウンジへの入室条件は低く、あなたもラウンジに入れるかもしれません!出発前の時間をラウンジで過ごすことで旅を2倍も3倍も楽しませてくれます。
 
今回はそんな「ラウンジ」についての解説と入室条件や料金、更に最高級のラウンジへの入り方を紹介したいと思います。
 
空港ラウンジとは?
空港ラウンジとは、簡単に言えば「空港にある待合室」のことです。中には食事をとることが出来るラウンジも存在し、食べながら・飲みながら・PCで作業をしながら搭乗するまでの時間を有意義に過ごせる待合室が空港にはあります!
f:id:yumenofirst:20160121221536j:plain
*羽田空港国際線ANAラウンジ
 
ソファーに座りながら、ゆっくり出来るラウンジもあります。
 
ラウンジの種類
空港ラウンジは大きく分けて以下の2種類あります。

f:id:yumenofirst:20160614230524p:plain

(1)ゴールドカードラウンジ
(2)航空会社ラウンジ
 
それぞれ特徴を見ていきましょう。
 
ゴールドカードラウンジ
【特徴】
クレジットカード会社が共同運営しているラウンジで、ゴールドカードのクレジットカード(様々な種類による)を所有していれば入室できます。全国の空港にもカードラウンジはあり場所によって特徴が異なりますが、フリードリンクや新聞・雑誌、無料Wi-fi、コピー機利用、シャワー(有料)等のサービスを受けられます。中にはパン等の軽食も取る事が出来るラウンジもあります。

ただ、カードラウンジは混雑(ビジネスマンはみんなゴールドカードを持っています)している事もあり、時間帯によっては座席待ちで並ぶこともあります。
 
【入室条件】
f:id:yumenofirst:20160206112409p:plain
一般的な「ゴールドカード」「プラチナカード」を所有していれば無料で入ることができます。羽田空港のカードラウンジ入室条件についてはこちら→エアポートラウンジのご案内 に詳細が記載されています。全国の空港にあるカードラウンジも一般的なゴールドカードを所有していれば入室出来ます。また、カードをお持ちでない方も入室料(1,000円程)を支払えば入室することが出来ます。(支払って入る価値はないかと)
 
【入室方法】
ラウンジの使い方は受付で「入室対象クレジットカード」「当日の搭乗券」を掲示すれば無料で入ることができます。入ってしまえばあとは自由にドリンクを飲んだり、雑誌や新聞を読んだり、PCを開いて仕事をしたり、搭乗時間までラウンジで過ごすことが出来ます。
 
SFC修行を遂行した際に全国のラウンジを利用しました。その際にここはいいなと思ったラウンジTOP3をこちらの記事で紹介しています。是非ご覧ください。
羽田空港第2ターミナルの北ピアは見晴らしが良く、フライトレーダーを見ながら飛行機の離着陸を楽しむ時間の過ごし方が私は好きです。

Flightradar24.com - Live flight tracker!

 
航空会社ラウンジ

【特徴】

航空会社ラウンジはANAJALなどが運営しているラウンジで、各航空会社のビジネスクラスなどの上位クラスを利用する時や上級会員がラウンジに入ることが出来ます。

f:id:yumenofirst:20160614231728p:plain

ANAラウンジの場合、国内線・国際線それぞれANAスイートラウンジとANAラウンジ、さらに国際線利用時にはANA到着ラウンジの計5種類のラウンジがあります。国内線・国際線ではサービスが大きく異なります。

f:id:yumenofirst:20160619125430p:plain

上の表は成田空港を例にまとめてみました。大きく異なるのは国内線のANAラウンジには食事とシャワーがない事です。またスイートラウンジとANAラウンジでは圧倒的にスイートラウンジが良い食事やアルコールが用意されています。
 f:id:yumenofirst:20160121221544j:plain
*国際線ANAラウンジの食事の一例
空港で無料で食べられるためお得感や優越感があるのか、普通のカレーも美味しく感じます。他にもそば・うどんなどもANAラウンジにはあります。
 
【入室条件】
ではこのラウンジに誰が入れるのかを解説します。
 
〜国際線〜
まずは国際線のラウンジ入室条件についてです。以下の図に“◯”が記載されている場合は無料で入室が出来ます。“◯+1名”と記載されているものは本人+同行者1名まで無料で入室出来ることを表しています。“×”は入室することが出来ません。
 
以下の図で1つでも当てはまれば、入室することが出来ます。

f:id:yumenofirst:20160619123013p:plain

ファーストクラスは最強と言えます。同行者1名まで入室可能です。強いて言うならプレミアムエコノミー運賃の場合もANAラウンジに入れます。

f:id:yumenofirst:20160619123017p:plain

続いて上級会員の資格を見て行きます。前年度にプレミアムポイント(搭乗区間マイルや運賃によって付与されるポイント)を10万以上貯めると次年度はダイヤモンド会員、5万以上貯めるとプラチナ会員になれます。またSFC(スーパーフライヤーズカード)会員はプラチナ会員以上が入会でき、年会費を払えば永久的に上級会員となれる制度です。

 

*上級会員については以下記事に詳しく解説しておりますのでご覧ください。

ミリオンマイラーとは簡単に言えばスーパーお得意様です。普通の人が入れるようなレベルの入会資格ではありませんのであまり気にせず。(毎日出張というような人しか無理です) 

f:id:yumenofirst:20160619123022p:plain

続いて搭乗クラスや上級会員以外に入室する方法を2つ紹介します。ラウンジ利用券を利用する方法と有償で入室する方法です。ラウンジ利用券は前年度フライオンポイントを8万以上貯めるとANAから貰える招待券です。この招待券を利用してエコノミー運賃でも平会員でも入室することが可能です。

 

また予約後、予約確認画面からラウンジを事前に申込をして入室する事も可能です。料金は1名5,150円です。

 

(1)予約確認画面にてANA MY CHOICEを選択

f:id:yumenofirst:20160619180105p:plain

(2)有料タウンジサービス申込を選択する

f:id:yumenofirst:20160619180110p:plain 

(3)ラウンジを選択する

f:id:yumenofirst:20160619180117p:plain

(4)申込ボタンを押せば完了です。

 

お金を払えばANAラウンジまでは入室できますが、ANAスイートラウンジは招待券が無いと入室できません。また、5000円を支払ってまでして通常のANAラウンジに入る価値を考えると。。。ですね。スイートラウンジなら5000円を支払っても入室する魅力と価値は私はあると思います。

  

〜国内線〜
続いて国内線の入室条件をチェックしていきます。

f:id:yumenofirst:20160619184713p:plain

 ANA国内線の場合は普通席とプレミアムクラスの2クラス制です。その上位であるプレミアムクラスに搭乗すると同伴者1名までANAラウンジに無料で入ることが可能です。

f:id:yumenofirst:20160619182429p:plain

続いて上級会員です。こちらの入室資格は国際線と同様と考えてもいいです。やはりスイートラウンジは敷居が高いですね。

f:id:yumenofirst:20160619182431p:plain

国際線同様、ラウンジ利用券を利用するか有償(3100円)で事前に申し込むかANAカード(プレミアム)所有者が入室できます。

 

国内線・国際線とも一般的な入室方法を記載しました。他にも入室する方法はあります。例えば、上級会員の同伴者2人目としてマイルを利用して入室する方法などがあります。気になる方はANAのHPへ(空港ラウンジ ご利用基準一覧表│ANA SKY WEB)

 

一般人がANAスイートラウンジへ入室するには
2015年に上級会員となった私は国際線利用時にANAラウンジを利用して、とても満足する搭乗前の時間を過ごしてきましたが、通常のANAラウンジに慣れてしまうと「ANAスイートラウンジに入室してみたい」という欲が湧いてきてしまいました。(慣れって怖いですね)
 
ということで、ダイヤモンド会員でもファーストクラス搭乗者でもない私が入る方法はスーパー会員の同伴として入るか、スイートラウンジ利用券を手に入れる方法です。前者は同じタイミングで海外に行く人の可能性はほぼ0です。そのため後者のスイートラウンジ利用券をゲットして2016年の夏休みに利用しようと試みました。
 

スイートラウンジ利用券をゲットする方法は2つ考えられます。 

(1)ヤフオク
(2)メルカリ
f:id:yumenofirst:20160529112404p:plain
まずは王道のYahooオークション(通称:ヤフオク)。

f:id:yumenofirst:20160619203721p:plain

時期によって変動しますが、2017年3月31日まで使用可能な利用券は約6,000円で取引されているようです(2016年6月現在)
期限が迫る2月・3月は大幅に値が落ちるため、2月3月に海外旅行に行く方は狙い目です!!

f:id:yumenofirst:20160619204538p:plain

*2016年3月落札された案件

1枚3000円~4000円となり半値近くになっています。


メルカリ
f:id:yumenofirst:20160529073910p:plain
続いて紹介するのは、最近CMでも話題のオンラインフリーマーケットのメルカリです。

f:id:yumenofirst:20160619204237p:plainf:id:yumenofirst:20160619204241p:plain

2016年6月現在の取引は6,000円前後で取引されています。5,800円とヤフオクより安く取引されているケースもあります。

f:id:yumenofirst:20160619204244p:plain

こちらもヤフオク同様、期限が近くなった利用券は3,000円台で取引されています。

 

今回はメルカリを利用してANAスイートラウンジ利用券を購入してみました。

取引価格は5,800円×2枚-300円(招待ポイント)=11,300円(送料込)でした。

1枚あたり5,650円で購入することが出来ました。

f:id:yumenofirst:20160619205727p:plain

無事2枚到着しました。メルカリを使ってみた感想は

①出品者が誰であってもクレジット決済が可能で便利

②評価制度があるため、相互が気持ちよく取引出来る

③招待コードを入力して300円安く購入できた

ヤフオクより出品数はまだまだ少ないですが掘り出し物も多くあります。

 

ANAマイチョイスで5,150円支払って通常のANAラウンジに入るより、ヤフオクやメルカリを利用してANAスイートラウンジに入室した方が100倍お得だと思います。

 

メルカリでは株主優待券も多く出品されているため是非利用してみてください。
メルカリについて記載した記事↓↓↓
 
メルカリの新規登録をする際、以下のを入力すると300円分のポイントが貰えます。

招待コード SVQFRH 

是非ご活用ください。

最強ラウンジカード

ANAラウンジから話は変わりますが、プライオリティ・パスというラウンジカードが存在します。プライオリティパスを持っていれば、航空会社の上級会員でなくても世界中約800のラウンジに入室することが出来る最強のカードです。

f:id:yumenofirst:20160619214125p:plain 

このカードは通常でしたら年会費を支払って資格が付与されますが、クレジットカードを作成することで無料でプライオリティパスを貰える特典もあります。日本ではそんなに活躍しませんが、海外の空港ラウンジではかなり使えるパスです。ただ、ANAラウンジには入れない点が残念です。

 

オススメのクレジットカードは楽天プレミアムカード」です。 

年会費10,000円+税でプライオリティ・パスが付与されます。時期にもよりますが、10,000円で入会したら12,000楽天ポイントが付与されるため初年度は実質無料でプライオリティパスを利用出来ます。上級会員を目指す修行をする年にこのカードを作成して実質無料でプライオリティパスが使えるラウンジに入室する手もあります。

 
まとめ

ラウンジへの入室方法はいくらでもあります。搭乗口前で数時間暇つぶしするよりずっと良い時間の使い方が出来るはずです。上級会員を目指すのも良し、プライオリティパスをゲットするのも良し、ラウンジ利用券をゲットするのも良し!

 

自分にあったラウンジへの入り方を見つけてみてください!!

 

それでは良い旅を!!

 

関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ 

広告を非表示にする